未分類

NHK「万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった」をまとめた。

 

ども、アトピーファスティングのじゅんです。
調子はどうでっか。

さて、今日は、NHKの「万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった」をまとめます。
「免疫」と腸について、もう一度勉強したいなと思い、いろいろ検索してこのNHKの番組にたどり着きました。

NHKの番組は予算が違いますね。見ごたえがあります。CGバンバンです。
今回ブログだから、文字で伝えるけど、できれば本物見るとよいよ。文字とCGとじゃ、情報量が全然違いまっせ。
(200円で見れるよ!僕は払いました!あざっすNHK!)

 

さて、話の流れ的にはこんな感じ。
1時間ずっと、腸の話です。
腸。

これですね。

この「万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった」を超ざっくりまとめるとこうなります。
1,腸は免疫の本部である。
2,暴走する免疫細胞がアレルギーを引き起こす。でも、暴走する免疫細胞をクールダウンさせる免疫細胞が見つかった!
3,クールダウンさせる免疫細胞を増やすには!?

簡単に言うと、こうですね。

はい、じゃ、一個一個見ていきましょう。

1、について詳しく話します。

「腸は免疫の本部である。」
腸は今まで、ただの消化器官と捉えられてきました。
腸は、”免疫センター”だということがわかったのです。

人体における、免疫の中心です。
今、巷では、花粉や、食物アレルギー、アトピーに、喘息、さまざまなアレルギーがはびこっています。
今日本では2人に一人は何かしらのアレルギ-を持っているようです。
あなたをアレルギーにするも、健全に過ごせるのも、この腸がカギを握っているということですね。
アレルギーさん、アトピーさん必見です!

 

 

 

さて、一旦クイズしましょう。理由は特にありません。

Q.あなたの腸は何メートルぐらいあると思います?(下スクロールしちゃ嫌よ!)

 

 

 

 

A.8.5メートル!(めちゃながっ!)

Q.腸(絨毛も含む)を引き伸ばしていると、どのくらい??(下スクロールしちゃ嫌よ!)

 

 

 

 

A.畳20畳!
ぎり家族4人で生活できる笑
あなたの腸内に、家族4人生活させることができますます。
2人がけソファなら、20個ぐらい置けますね。(足の踏み場ないけど。)

Q.腸といえば、細菌ですが、
腸の中には何種類の細菌がいるでしょう??あなたが知っている腸内細菌は?

 

 

 

 

 

A.1000種類!
よく善玉菌、とか悪玉菌とか、日和見菌と言いますね。
それがこの腸内細菌のことですね。
有名所で言うと、やっぱりビフィズス菌です。

その他、腸のすごさを列挙しましょう。
腸は、内臓で唯一の独立国家である!

心臓であれ、腎臓であれ、脳みそに逆らうことはできません。
人間の内臓はトップダウンです。

ゴーンさん的な感じす。

心臓さんも脳みそ社長には逆らえまえん。

 

でも、腸だけは違う!

「こっちはこっちでやらせてもらうよ~!」です。

 

頑張って例えます。

我々の五臓六腑をイギリスに例えると、この腸はスコットランドということです。

「消化と排泄に関しては、こっちで勝手にやらせてもらいます」ということです。
社長への(脳)へのお伺いなく、自由裁量でやれる唯一の機関です。

 

もう一個脱線。
腸が感情を司っている可能性があるのです。
つまり、いっつもご機嫌でニコニコしてるかわい(イケてる)あの子は、
腸も元気で健康的なのです。

つまり、あなたがいっつも元気でご機嫌でありたいならば、腸を快調にすればよいということです。

逆に、あなたがいっつも鬱鬱としているのだとしたら、あなたの腸がイケてないという話です。

というのも、セロトニンの95%が腸で生成されている可能性があるのです。
セロトニンって、幸せホルモンと言われるもので、これがないと心が不安定になるもの。

はい、脱線終了。

 

さて、話が長くなりました。
1をまとめると、「腸は免疫の本部である」でした。
次いきます。

2,暴走する免疫細胞がアレルギーを引き起こす。でも、暴走する免疫細胞をクールダウンさせる免疫細胞が見つかった!

前回の記事で、免疫細胞は”西部警察”だという話をしました。


彼らは、敵をしっかり倒します。
でも、そのかわり、車両を壊しまくり、家屋を壊しまくり、してます。
治安を守るのに(健康維持には)必要不可欠ですが、ちょっと荒い。と。そこそこいろんなもの破壊してるぞと。

炎上なくして、逮捕なし!みたいな。

で、最近の研究で発見されたのです。
この荒れ狂う西部警察を落ち着かせる免疫細胞があるということを。

アレルギーの原因は荒れ狂う西部警察 たちの所業です。
彼らが異物を排除する代わりに実は、ヒスタミンというかゆいかゆい成分をばらまいていると。

でも、彼らの熱すぎる行動を抑えてくれる細胞が見つかったのです。

これ、さらっと書いてますが、相当すごいことのようです。
日本人研究者「坂口 志文」さんが発見しました!。
ノーベル賞いけるじゃね!?の発見と言われているようです。

というのも、今までは、「免疫細胞は、敵を発見し、排除するだけ」と思われてました。
でも、実は、もっと別の役割もあったのです。

その別の役割というのが、免疫細胞の一種である T レグ細胞。
このTレグ細胞が、暴走した免疫細胞をクールダウンさせる力があるとわかったのです。

つまり、アレルギーを抑えるには、このTレグ細胞が重要ということです。

つまり、アレルギーで(アトピーで)困っている人の多くは、Tレグ細胞が少ない可能性が高い。ということです。

 

 

次回は、もっと激しく、それでいてセクシーに、
このTレグ細胞がなんなのかを書いていきます。

と、このTレグを増やし、アレルギーを抑え、もっというと、アトピーをよくするためにはどうしたらよいのか?ってことも書いていきます。

っていうか、一人暮らし男子でも実践できる程度の、todoレベルまで落とした話をしていこうと思ってます。

では。
じゃね!